【エミュレータガイド】マクロ機能

 

1マクロ命令の主な機能は、1つのキーで複数のクリックイベントをトリガーすることです。ゲームプレイヤーがワンキーコンボ、ワンキー発言などの機能を設定するために非常に便利です。次の説明で、いくつかの使用例を示します

 


2.画面座標の取得方法:(公式サイトからバージョン3.24以降をダウンロードして実現可能

 

【エミュレータガイド】マクロ機能


3. F(任意に設定可能)を押して、3点のクリックイベントをトリガーします(3点の位置座標は800 600900 6001000 600です)。

 

【エミュレータガイド】マクロ機能

 

4スワイプイベント:

 【エミュレータガイド】マクロ機能

 

5. Fキーを押すとポイント(800 600)のクリックイベントがトリガーされ、Fキーを離すとポイント(900 600)のクリックイベントがトリガーされます。

 

【エミュレータガイド】マクロ機能

 

6 ループコマンド:ボタンを押した後、ループクリックイベントを実行します。

 

【エミュレータガイド】マクロ機能

 

 

7下の写真は、Gボタンをワンクリックの「サポートのリクエスト」として設定している様子です

 

【エミュレータガイド】マクロ機能


8.長押しイベント:

 

【エミュレータガイド】マクロ機能

 

9. KEY命令:設定されたキーを呼び出します。これにより、コンボを簡単に実現できます。 6をクリックすると、EスキルとRスキルが連続的使われ、スキルはマウスをに追跡するようになります

 

【エミュレータガイド】マクロ機能

 

10.テキストコマンド:ワンキー発言。最初にKEY命令を使用してENTERキーをトリガーし、テキスト入力ウィンドウを開きます。テキスト命令は、事前設定されたテキストをそこに貼り付けます。

 

【エミュレータガイド】マクロ機能

 

11.switch-mouseコマンド:マウスを表示たり隠したりする事ができます。最初に十字キーを設定する必要があります。

 

【エミュレータガイド】マクロ機能

 

3Dゲーム(King of Kings 3DMT4など)の場合、以下に示すように、右ボタンを押したまま右へをドラッグし、マウスを放すと表示します

 

【エミュレータガイド】マクロ機能

 

12.type = mouse-lockコマンド:マウスをロックするために使用されます。マウスはエミュレータの範囲外に移動する事がなくなります

 

【エミュレータガイド】マクロ機能

 

13.エミュレータ機能を琢磨する限り、マクロを通じて多くの実用的な機能実現できます。

 

toTop