エミュレータガイド:Windows用Androidエミュレータを実行する方法

PC用エミュレータで達成できる目的は人によって違います。しかし、エミュレーターを使用する一般的な理由は、モバイルゲーマーがPCでAndroidゲームを実行して、より良いゲーム体験を味わうためです。従って、デバイスのバッテリー寿命を心配する必要がなく、PCでゲームをプレイする事が出来ます。


多くのエミュレータが市場に出ているため、PC用Androidエミュレーションが可能となり、より複雑になりました。今年、トップテクノロジーの競争をめぐって、全面な機能を持つ新たなAndroidエミュレータがデビューしました。

 

エミュレータガイド:Windows用Androidエミュレータを実行する方法


軽量Androidエミュレーター-LDPlayer

LDPlayerは、仮想化テクノロジーを使用した無料のAndroidエミュレーターであり、強力なPCでAndroidオペレーティングシステムを体験するのに役立ちます。これは、Windows向けの最強で最軽量のAndroidエミュレーターの1つです。


LDPlayerは中国のソフトウェア会社によって設計されましたが、世界中すべてのユーザー向けにリリースされているため、誰でもLDPlayerを通じて大型デスクトップPCでモバイルゲームやアプリを楽しむことができます。 LDPlayerはWindows用の安全なAndroidエミュレーターであり、広告が最低限に控えられています。当然、スパイソフトも含まれていません。

 

他のエミュレーターと比べて、LDPlayerは同等の性能を提供するだけでなく、ゲーム中に驚くべきの速度も提供します。さらに、弊社はすべてのプレイヤーがエミュレータ内で直接にアプリやゲームをダウンロードできるため、LDストアネットワックを開発しました。


LD Store:お気に入りのアプリやゲームを任意のデバイスでダウンロード

 

LD Storeの特徴の一つとして、ストアにログインせずにアプリをダウンロードできることです。 Google Playと比較すると、LD Storeはダウンロードプロセスがより簡単であります。ユーザーにとって、直接にストアてインストールするのか非常に便利です。

 

通常、LDPlayerエミュレーターはLDストアにパッケージされています。ただし、お使いのスマホにLD Storeをダウンロードしたい場合は、LD Store APKの公式リンクからダウンロードしてください。


ご注意:1つのAPKファイルを使用してアプリやゲームをダウンロードすることもできます。 LDストアで利用可能なアプリケーションがない場合でも、そのAPKファイルをダウンロードしてエミュレータにインストールできます。 APKファイルをLDPlayerウィンドウにドラッグするだけで、アプリケーションのインストールが自動的に開始されます。

 

エミュレータガイド:Windows用Androidエミュレータを実行する方法


LDPlayerエミュレータのシステム起動条件

 

 実際、エミュレータはPCのハードウェアリソースを消費しなければ、正常に動作できません。これが、エミュレーターの実行中にPCの動作が遅くなる原因の一つです。したがって、高いのパフォーマンスを得るために、軽量のAndroidエミュレーターを選択する必要があり、LDPlayerはその一つ

です。

 

最小システム仕様

 

 IntelまたはAMD CPUプロセッサx86 / x86_64

 

 ・Windows XP XP3 / Win7 / Win8 / Win8.1 / Win10

 

 ・OpenGL 2.0を搭載したWindows DirectX 11 /グラフィックドライバ

 

 ・最低2GBのシステムメモリ(RAM)

 

 ・少なくとも36GBのハードディスク空き容量

 

 ・ハードウェア仮想化テクノロジ(Intel VT-x / AMD-V)がBIOSで有効になっている

 

VTを有効にする方法がわからない場合は、こちらの記事をお読みください:PCでVTを有効にする簡単な手順


LDPlayerの推奨仕様

・CPU:Intel i5 7500

・メモリ:8 GB

・ディスク容量:100GB

グラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX 750 Ti

 

WindowsでPCの構成を確認する方法

 

PCの仕様がわからない場合、LDPlayerの「診断情報」機能を使って確認できます。 PCを確認するための簡単な手順を次に示します。

 

1.最初にLDPlayerエミュレーターを開きます

 

2.上記の「3つの列」をクリックします

 

3.[診断情報]をクリックすると、コンピュータの仕様が表示されます

 

エミュレータガイド:Windows用Androidエミュレータを実行する方法


ご注意:エミュレータが問題が発生した場合、事項を報告し、Subredditコミュニティの公式FacebookページまたはLDPlayerに診断情報を送信できます: https://twitter.com/ldplayerjp

 

 

LDPlayer Androidエミュレータの機能

エミュレータガイド:Windows用Androidエミュレータを実行する方法

 

WindowsでAndroidアプリとゲームを実行する

 

モバイルプラットフォームには多くの利点があるため、私たちの多くはモバイルゲームをプレイしています。では、なぜデスクトップに戻ってPCでモバイルゲームをプレイするのでしょうか。実際に試すべき理由はいくつかあります。


・大型ディスプレイでゲームをプレイする:大画面から情報をゲット 

 

・より馴染みのあるコントローラー:キーボードとマウスを使用できる

 

・真のマルチタスク実行:複数のウィンドウを同時に実行

 

・より速い処理能力:遅延やクラッシュなし

 

・バッテリー消費なし:長時間プレイしても過熱はしない

多くのモバイルゲーマーは、PUBGモバイル、フリーファイア、エピックセブン、モバイルレジェンド、キングズレイドなど、PCでLDPlayerを使用してAndroidゲームをプレイしています。


ゲームのキーボードマクロとカスタムマッピング エミュレーターでゲームを実行する最大の利点の1つは、マクロを設定して、プレイしているゲームのカスタムマッピングを作成できることです。これは、ゲームのパフォーマンスを向上させるためにさまざまなゲームコントロールが必要な場合に役立ちます。


ゲームのキーボードマクロとカスタムマッピング

エミュレーターでゲームを実行する最大の利点の1つは、マクロを設定し、プレイしているゲームのカスタムマッピングを作成できることです。これは、異なるゲームのパフォーマンスを向上させるためにに役立ちます。

 

マルチコントローラー

LDPlayerには組み込みのマルチコントローラーが含まれています。これは創造的であり、同時に複数のエミュレータをコントロールする事ができます。この機能は、複数のエミュレータで同じ操作をするの必要時間を短縮します。一部のゲーマーは、マルチコントローラーを使用して複数のゲームアカウントをプレイし、より多くの操作を実現できます。


録画機能

LDPlayerでサポートされている便利な機能は、画面録画機能です。ゲーム/アプリケーションの録画を表示し、ソーシャルメディアプラットフォームで共有するのに役立ちます。レコーダーのデフォルトのショートカットはCtrl + F1です。設定のホットキーをリセットできます。


ゲームコントローラーのサポート

LDPlayerは、キーボードとマウスに加えて、ゲームパッドコントローラーもサポートしています。これは、コントローラーを使用してゲームをプレイしたい人にとって非常に便利です。ゲームボードをPCに接続している場合は、LDPlayerのタイトルバーでゲームボードを設定できます。

エミュレータガイド:Windows用Androidエミュレータを実行する方法

 

カスタマイズ可能な設定

LDPlayerは高度にカスタマイズ可能なエミュレーターであり、ユーザーはすべての基本的なAndroid設定をスタマイズできます。 画面の解像度、CPU、RAM、プロパティ、ショートカット、ゲーム設定など含め、エミュレータを自分の物のようにできます。カスタマイズされたバージョンは、アプリケーション開発者や特定のゲーマーにより適しています。

 

LDPlayerをPCにダウンロードしてインストールするのは簡単なプロセスです。 LDPlayerがデスクトップにインストールされたら、実際のAndroidスマホとして機能できます。 LDPlayerでモバイルゲームをプレイしてAndroidアプリを使用したい場合は、Playストアからダウンロードするのみです。これは、スマートフォンで通常行うことと似ています。

toTop